沖縄の海水塩 青い海 500g

塩は塩化ナトリウムを主な成分とし、海水の乾燥や岩塩の採掘によって生産される物質のことで、私たちの生活には欠かすことのできない調味料。塩あじをつけて料理を美味しく仕上げたり、塩漬けや塩蔵といった保存などの目的で食品に使用されるほか、工業用・融氷雪用などの目的にも使用されています。

【塩の種類】
岩塩
むかし海だった土地が地殻変動により地中に埋まり、海水の塩分が結晶化し地層となったもので、日本では岩塩は採掘されませんので、全部輸入品です。

天日塩
塩田で海水を蒸発させて作った塩のことで、日本では天日塩はつくられていないので全部輸入品。主な産地は西ヨーロッパ、メキシコやオーストラリア。アメリカの一部の州や韓国では好塩菌混入などの問題から、天日塩の直接の食用使用を制限ないし禁止しているそうです。

食塩
スーパーなどで売っている価格の安いサラサラの塩のことで、昭和30年代から40年にかけて新しい製塩技術により、高純度の食塩が安価に製造できるようになったことから、食用として普及しました。このお塩はもともと工業用に開発されたという経緯があり、人間にとって必要なミネラルがまったく含まれていないため、マクロビオティックでは食用としておススメしていません。

海水塩
海水をいったん濃縮した後、釜で炊いて作った塩。日本には岩塩はなく、天日塩も雨が多いため作れませんので、国産の塩はすべて海水塩。海水塩はきれいな塩でミネラルもたっぷり!!食用に最も適していますので「海水塩」を選んで買うようにしましょう。

ちなみに…
日本ではメキシコなどから輸入した天日塩に日本の海水を混ぜて、「●●(日本の地名)の塩」という名前で売ることが可能ですので、塩の袋の表面だけ見て買うのは要注意!!塩をお買い求めになる時には裏面の原材料表記を見て、「海水」と書いてあるものを選ぶようにしましょう。

【賢い塩の選び方】
●原材料名に「海水」とだけ書いてあるものを選ぶ
●昔ながらの製法「平釜製法」のものを選ぶ
●なるべく文明から遠いところの海でとれた塩を選ぶ

文明から遠いところというのは…
ひらたくいえば都心から離れているきれいな海のこと。沖縄や小笠原諸島の海は海洋汚染が進んでいないので、いまでもとてもきれいですので、選択肢があるときには、どちらの塩がとれた海が、都心から遠いか考えてお買い求めくださいね。

【海水塩を使ったお料理レシピ】
★車麩と新ごぼうのすき焼き風丼
★豆豆キーマカレー



★レンズ豆のフレッシュスープ
★さっぱり若布スープ

★セロリとワカメのプレスサラダ
★キューブ野菜のさっぱりサラダ
★大麦サラダ
★ハト麦の美肌サラダ

★厚揚げの野菜あんかけ
★大麦と厚揚げのハンバーグ
★ひよこ豆とじゃがいものコロッケ



調味料は心を込めて作ったお料理の味を左右する、とっても大切な物。素材の味を引き立たせために少量しか使わないものだからこそ、最上級の物をキッチンに揃えておくことで、毎日の食卓がぐっと豊かになりますよ。

ただし7歳以下のお子様にお料理をするときには、塩味は大人の半分から1/3くらいにして、かなりの薄味に仕上げてあげてくださいね。
販売価格
518円(本体480円、税38円)
購入数