いりごま黒 100g

ゴマは、ゴマ科ゴマ属の一年草で、アフリカあるいはインド原産とされいます。
古くから食用とされ、日本には中国のシルクロードを経由して伝わったといわれているそうです。
胡麻の草丈は約1mくらいまで成長し薄紫色 の花をつける愛らしい植物で、その実の中からとれる多数の種子がゴマです。ゴマは栽培地を選ばず、手間をかけなくても栽培できるとても生命力の高い植物で、栄養価も抜群!!
体に必要な栄養素が小さな粒にたっぷりと含まれ、中国では古くから「食べる丸薬」と言われているそうです。
また、植物性食品の中でもその栄養価はトップレベル。

【ゴマの主な栄養】
★必須アミノ酸のそろった高たんぱく食品
★カルシウム、鉄などミネラルやビタミンB1・B2もたっぷり
★活性酸素を撃退する抗酸化物質

特に黒ゴマは、良質の脂質・たんぱく質・食物繊維、高ビタミン・高ミネラル、必須のカルシウム(牛乳の11倍 )、鉄分を豊富に含む優れた食物です。カルシウム不足が気になる方や、もっと健康で美しくなりたいという発倖美人志願の方にとっては、欠かせない食材なのです。

【美味しいゴマとの付き合い方】
1.ゴマは外皮がかたく、そのまま食べても消化・吸収されにくいので、炒ってからすり鉢で擂ってから召し上がってください。

【ゴマ塩の作り方】
ゴマ塩は春夏の暖かいシーズンは塩を少なめにするために、「ゴマ16に対して塩を1」秋冬の寒いシーズンは「ゴマ18に対して塩を1」に塩分量を調節すると、より美味しくいただけます。

材料:
ゴマ 春夏18(秋冬16) : 塩  1
作り方:
1.塩大さじ1/2は、中火で水分がなくなるまで乾煎りする。
2.1をすり鉢に入れてよく擂る。
3.黒ゴマ大さじ9(8)を、中火でいい香りがしてくるまで乾煎りする。
4.2にゴマを加えて擂り混ぜる。このときゴマは8分目位までする。
※ゴマ塩をつくる時にゴマを全部つぶしてしまうと、油がたくさん出て酸化しやすくなるので、擂りきらずにゴマの粒がちょっと残っているくらいを、出来上がりの目安にしてください。そして、作りたてが一番美味しいですので、少量作って早めに食べきるようにしてみてください。

ゴマには、黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなどの種類がありますが、欧米では白ゴマしか流通しておらず、アジアは半々。金ゴマは主にトルコで栽培されています。

欧米のスーパーにいって「Tahini(タヒニ)」という瓶詰めの食品が売っていますが、これは白ゴマの皮を取り除いたものをペースト状にしてもので、日本で発売されている白ゴマペーストよりも、食べたときに油分が多く感じられるのが特徴です。

欧米のマクロビオティックやベジタリアンのレシピ本で、お料理を作る時に「タヒニ」と書いてあったら、白ゴマペーストで代用してもOKですが、日本のものは油分が少なめなので菜種油で油分を調節してみてください。

黒ごまペースト 150g (ビン)
白ごまペースト 150g (ビン)


また、ゴマは古代エジプトではクレオパトラが健康飲料として、ゴマ油とハチミツをミックスして愛用していたと伝えられ、古代インド医術のアーユルヴェーダでもゴマ油が古くから利用され、中国でも不老長寿の薬として最古の医学書である「神農本草書」に紹介されていることから、ゴマは老化を防ぎ、美肌や豊かな黒髪を保つことができると「美意識の高い人たち」から支持され続け、その薬効は長い年月にわたって認められてきたということがよくわかりますね。

【ゴマと上手にお付き合いする方法】
少量を毎日続けていただくことがゴマの効用を得るうえで最良の方法です。摂取量の目安は1日約10g(大さじ1)ぐらい。ゴマは炒ることで外皮が破れ、消化吸収が良くなりますので、できるだけ食べる直前に炒りって香りも楽しみ、擂りたてのゴマをいただくようにすると、ゴマパワーが体中に漲ってきます。

【ゴマを使ったレシピ】
★とうもろこしとうずら豆のちらしごはん
★新生姜と梅干しのケーキご飯
★夏向き玄米ごはんで2種のサマーロール
★二種の玄米生春巻き包み

★わかめ&ゆかり&白ゴマのふりかけ
★簡単のりの佃煮


マクロビオティックでは圧力鍋で炊いた玄米に黒ゴマ塩をかけたものが、世の中の食べ物の中で一番バランスのとれた食べ物だとされています。この玄米&ゴマ塩ご飯を毎日の食事の中心にすえて、一日の食事の総重量の50〜60%いただくことで、心と身体に強い中心軸を築くことができますよ。

いつも心穏やかで楽しい毎日を過ごすために、まずは玄米&ゴマ塩生活からはじめてみませんか?

自然耕のコメ(純) こしひかりの玄米 4.5kg
マガモ農法 無農薬玄米(こしひかり) 5kg
販売価格
178円(本体165円、税13円)
購入数