国内産 干ししいたけ

大分県の原木にて栽培をしたしいたけです。風味も良く大変美味しいどんこしいたけです。または、非常に栄養価も高いので、皆様にお薦めします。

【原材料】
しいたけ(大分県・放射能不検出)

【干し椎茸の戻し方】
●水でさっと洗い流し、椎茸がひたるくらいの水に落としぶたをして5〜6時間つけます。(熱湯は避けてください)
●煮しめ、茶碗蒸し、ちらし寿司の具材、炊き込みご飯の具材など、幅広くご利用いただけます。


●干ししいたけの種類●

加工品として干ししいたけの需要は多くなっており、収穫される季節によって干ししいたけの種類が異なります。
1.香信(こうしん):
春と秋の温度と湿度が高くなる時期に大きくなり、傘が開いたしいたけを乾燥させて作ります。表面はなめらかでしわが少なく、形のそろい方や表面の光沢度合い、ひだの色などによって上品と並品があり、しなやかな歯ごたえが特徴的です。しいたけの傘が広くて薄いため、炊き込みご飯、五目寿司などに向いています。
2.冬茹(どんこ)
晩秋から初春にかけての寒い時期に成長したしいたけを、傘が開く前に収穫して乾燥させて作ります。肉厚で歯ごたえがあり、煮物や中華の炒め物、あんかけの具などに合うしいたけです。
3.香茹(こうこ):
香信と冬!)が発生する間の短い時期に収穫したしいたけを乾燥させて作ります。こくのある味で、煮物やシチュー、バーベキューなどに向いているしいたけです。
4.天日干ししいたけ
採れたしいたけをそのまま、あるいはスライスして天日で乾燥させる、または人工乾燥させて、数時間天日に当てたしいたけ
販売価格
896円(本体830円、税66円)
購入数